「顔と口の医学」

「これだけで病気にならない」 西原克成 詳伝社
e0099359_1359934.jpg

 病原菌は口から入り、細胞に感染する


    *****************

免疫力とは新陳代謝、つまり細胞を作り替える能力のこと。

これをコントロールしているのが、約18億年前に動植物の細胞内に

寄生した細胞小器官のひとつのミトコンドリアである。そして、本来は

無毒のはずの口腔内常在菌や腸内常在菌が、口呼吸など口周辺の

習癖によって白血球に運ばれて細胞に感染すると、ミトコンドリアの活動が

阻害されて病気になる。これが免疫病である。

    ******************
 

同じ状況下にいて 風邪を(今は特にインフルエンザ)ひく人。

そうでない人。  それはなぜかな??  と思いながら読み出した。

「ミトコンドリア」を活性化させることで免疫力を高めることになるらしい??

読みながら 脳の活性化も。。。。

うがい手洗はやはり有効なんですね。




広島ブログ
e0099359_13281363.jpg

[PR]
by takumi-chacha | 2009-11-12 14:30 | | Comments(2)
Commented by 鉄人 at 2009-11-14 16:26 x
takumi-chacha様 こんにちは。

最近、錆び気味の鉄人。この本に激しく興味を持ちました。
即購入です。
Commented by takumi-chacha at 2009-11-14 18:02
☆鉄人さま
久々に興味深々 納得しながら読み進んでます。
本当に病気になる仕組みとはの根本(細胞)のこと。
でも めちゃくちゃ難しくなく理解しながら読んでます♪
病気予防に役立つと思います。
<< カギ掛けない。 簡単漬け物 >>