いつまでも・・・

朝 携帯が鳴った。 ケアハウスの父から「雪がたくさん積もってるよ~」と。
e0099359_17591598.jpg

子供のように嬉しそうにしゃべってた。



人生の下り道   はるか前方に 義母。。。そして父。

ゆるり そろりと歩んでいる。

それを 私たちは見守りながら・・・・決して追い越さぬよう。。。

数年前 義兄、義姉が追い越して逝ってしまった。



寒くせわしい時季だけど 何事もなく無事 年が暮れますように。


広島ブログ
e0099359_13281363.jpg

[PR]
by takumi-chacha | 2009-12-19 18:14 | 思うこと・・ | Comments(8)
Commented by アクビ at 2009-12-19 22:26 x
そうですね、順番は守らなきゃいけませんよね。

順番を間違えてしまった母を想いながら
私はそう自分に言い聞かせているところです。

県北の父は初めて独りの冬を迎えています。
認知症が進んだ祖母は施設に入ったままだし…

年末年始はうちへ来るよう父を説得中です。
Commented by takumi-chacha at 2009-12-20 11:02
☆アクビさま
寒いですね~。
順番間違えないよう生きていかねば・・といつも思ってます。
老親たちのことは いつも頭の片隅で気にしながら。

アクビちゃん一家が
心身ともに穏やかに良い年が迎えられることを祈ってますからね。
Commented by 鉄人 at 2009-12-20 22:15 x
takumi-chacha様 今晩は。

先日ブログでご紹介されていた「これだけで病気にならない」、ほぼ読了しました。「ほぼ」と書いたのは、だいぶ飛ばし読みしたから。専門用語が多くて意外に手こずりました。(苦笑)
仏教関係の本ならスルスル頭にはいるんですけどね。
でも内容はとても納得が行きました。実践することが仏弟子の本領。即出来そうなことから、実践してみたいと思っています。善い本を紹介していただいて、どうも有り難うございました。

ところで今回のブログ。こころに滲みました。鉄人は昨年父親を亡くしたのですが、時の流れとはいえ、淋しさはありました。
ただ悲しいというのとは少し違う。生前父に対して出来ることはある程度やってきた。という気持があったからです。

「真理」から見れば順番さえ分りません。事実鉄人は父親よりも早く逝きかけた。本当に誰にも分らないのです。
ですから今この瞬間を大切にしたい。仏教の世界では今この一瞬一瞬が全てであると説きます。後悔の無い人生を送りたいものですね。
Commented by ⑦パパ at 2009-12-21 15:18 x
携帯のディスプレイに義父のお世話になってる「○○○の里」って出ると
「急病?」ってドキッとします。
今朝も電話で「入歯の噛み合わせが悪いみたいです。歯科に連れて行きますね」だったw
Commented by takumi-chacha at 2009-12-21 21:15
☆鉄人さま
はい 私もとばしながら・・・・(^^) でも時々読み返します。
一度では頭に入りませぬ。

昨年お父上を送られたのですか・・私は母を昨年10月に。。。
その時出会った本「息の発見」五木寛之著(カテゴリ「本」で昨年書きました)は 仏教と呼吸とヨガなどのお話がこころにしみました。
お読みになりましたか?
Commented by takumi-chacha at 2009-12-21 21:24
☆⑦パパさま
同じです!!電話が鳴るとドキッとするのは昨年からずーっと。
おそるおそる「もしもし・・・」と出ても何も聞こえないことも。
携帯を押し間違えたりも多くて。やれやれです。。

忘年会のアルコールや脂肪はぬけましたか??(^^)
Commented by karibu-chai at 2009-12-23 00:36
こんばんは~
皆さんのコメントを拝読させていただき…感慨深ものがあります。
数年前・義母の介護をさせていただきましたが、…自宅介護ではなかったのですが、いつも頭から離れず~電話が鳴るたびドキッ!は経験済みです。
人の終末をどう迎えるか…迎えさせてあげるのがいいのか? …
悩むところですね…自分も年とってくると、中なか難しい。
頑張りすぎない~その線引きは人それぞれでしょうけれど、現実は
理想通りにはいかないことが多いですね。
Commented by takumi-chacha at 2009-12-23 21:31
☆karibu-chaiさま
心配かけてたのが親の心配をする年代になったのですね~。
いつまでも元気でいて欲しい!思いは皆さん同じ。
穏やかに、健やかに。。。
<< イタリア食堂 塩ゆで落花生 >>