平櫛田中展

人が少ない時に行きたいと思い、昨日やっと行ってきた。
e0099359_12395195.jpg

平櫛田中(ひらくし でんちゅう) ひろしま美術館 特別展へ。

すばらしい作品を感じてきました。

明治から昭和を生き抜いた偉人。(1872~1979年) 

107歳で亡くなるまでの作品の数々。

100歳過ぎての作品も数点あった。すごい!!

木彫の木肌も美しく 楠や槐(えんじゅ)を材料としてるのが多い

数少ないけどケヤキもあり ひとつ桜もあった。ブロンズ製もあり。

彩色の繊細で鮮やかなこと この上なし。

触ってはいけないのは分かってるけど・・・触りたい!!衝動に何度も。。。


魂が宿る木彫像や書を鑑賞、観じてきました。  


田中翁が使っていた 彫刻刀やノミの使い込まれた美しさにも惹かれて、


久しぶりの充実した午後の数時間でありました。






e0099359_1581218.jpg



広島ブログ
[PR]
by takumi-chacha | 2011-05-19 13:13 | 楽しみ | Comments(2)
Commented by 金星 at 2011-05-22 06:50 x
僕は岡山にいったときに見てきました。
わしがやらねばたれがやるという色紙を買った覚えがあります。
美術はいいですよね。
Commented by takumi-chacha at 2011-05-22 11:23
☆金星さま
岡山は田中翁の出身地だからもっと作品が多いでしょうね。
わしがやらねば・・の のれんがありましたが・・・。
魂、精神世界を感じてきました。
<< 「和」をたのしむ シラカバの花 >>