リビング。

病院のリビングスペースです。
e0099359_16282059.jpg
病室のすぐそばに広くて

見晴らしの良い リビングがあります。

新聞を読んだり レース編みしたり、

他の患者さんや付き添いの家族の方たちと

お話したり と気分転換によいスペースです。



***<わがまま患者のひとりごと>***  ←母です。

入院初日 救急車の救急隊員にやさしくしていただいて

「あんなに親切にしてもらったからお小遣いあげたいね~。」
[PR]
by takumi-chacha | 2008-07-28 17:11 | 思うこと・・ | Comments(6)
Commented by kunyan92 at 2008-07-28 22:15
あぁ~、おばあちゃんだなぁ!
おばあちゃんの声が聞こえてくるようです^^

私が子どもの頃はおばあちゃんも忙しかったし、遠かったからかな。
あんまり遊びに行けなかったのがほんとに残念。

私がね、小学校2年生くらいのときかな?
いろいろがんばってたのを電話で報告してたら
「今からそんなにがんばらんでもええ。後で息切れしてしまうわ」
って言ったの(笑)
そのときはえぇ~?!って思ったんだけど
大きくなって納得^^
それにおばあちゃんらしいなぁって思ってね。
未だに忘れられない一言です。
Commented by kanpoaroma at 2008-07-28 22:23
お小遣いをあげたくなるくらい 親切にしてもらった♪
そんな気持ちが 嬉しいですね(*^-^*)

それにしても、見晴らしの良い 開放的なリビングスペースですね。
こういう病院 好きです。
Commented by karibu-chai at 2008-07-29 00:28
こんばんは~
ご看病本当にお疲れさまです。
私のブログにもお忙しいのに、コメントいただきありがとうございます。

病院への付き添いは・・本当にパワーを抜かれるのか・・・
申し訳ないけれど・・・元気でない人が集まるところでしょう・・だから、
なんてことしないのに・・・とっても疲れるんです。病人にも先生はじめ、
色いろな方に気も遣うし・・
だから、ちょっとでも時間があったら、休んでくださいね。自分の好きなことしながら・・長丁場になりそうならなおのことです。
私の母も、私がトルコに行っている間に、膝を痛めてしましました。
又目の方も色々検査し・・9月に手術になりました。今回付き添って行って、87歳になった母は、元気でしっかりしていましたが、やはり肝心なことなど、よく解っていないことも多いのだと・・・実感しました。
「母が元気なうちに」と言っておりましたが、そうも言っておれなくなりました。10月買い付けにいけるかな・・・?そんな状況ですが、たった一人の母です。悔いのないようにしたいと思っています・・
cha-chaさんもどうか、お体に気をつけてくださいませ・・・
お大事に・・・
Commented by takumi-chacha at 2008-07-29 15:12
☆kunyanさま
すっかり痩せてしまったけど 話すことは変わらないかもね。
わがままで困るけど 元気になったら仕返ししたい!!(^^)
Commented by takumi-chacha at 2008-07-29 15:21
☆kanpoaromaさま
患者にとっても付き添う者にとっても 病院の雰囲気は大切です。
スタッフの方々の対応もとても良くて暗くなりがちな入院生活が
少しは救われます。
Commented by takumi-chacha at 2008-07-29 15:37
☆karibu-chaiさま
お元気なお母様も87歳ですか。いろいろ心配なことが起きますね。
おそばにいられるのはいいですね。
老いた両親は自分の将来の鏡みたいなもの。
いずれ自分もこうなるのか・・なんて考えてしまいます。
ご心配ありがとうございます。
karibu-chaiさんもご無理なさいませんように。
<< 病院物語シリーズ ノートPC >>